Berry Bridal 出張ブライダルヘアメイク berry

出張ヘアメイク・ブライダル着付け
花嫁様の笑顔を大切に、最高の結婚式を演出します!

福岡市西区福重4-20-12-305

TEL:090-5479-7786

info@berry-bridal.com

COLUMN コラム

福岡の神社で結婚式をするなら【Berry Bridal】の着付け・ヘアメイクのプランを!~結婚式の和装(白無垢・色打掛)に込められた意味~

福岡の神社で結婚式をあげるなら和装を含んだお得なプランがある【Berry Bridal】へ!

福岡の神社で結婚式をあげるなら和装を含んだお得なプランがある【Berry Bridal】へ!

福岡神社結婚式をあげるなら【Berry Bridal】にお任せください。【Berry Bridal】には、福岡の神社でお得に結婚式をあげられる「福婚プラン」がございます。

花嫁と花婿の和装を含むプランで、挙式のみ・挙式とお食事会・挙式と披露宴など、お客様のご希望に合わせてお選びいただけるプランとなっております。福岡の神社で結婚式をご検討されている方は、ぜひお気軽にご相談ください。

結婚式で着る白無垢・色打掛に込められた意味について

花嫁にしか許されない白無垢や色打掛などの和装を着たいという女性が増え、和装での結婚式が人気となっております。日本の伝統的な衣装である白無垢と色打掛には、花嫁の覚悟ともいえる意味が込められています。

・全身を清浄な白で統一した白無垢

白無垢とは、頭からつま先まで白で統一した衣装のことです。「白」は「身の清浄」「神聖」「高貴」を表しているため、白無垢は主に神聖な儀式である挙式で着用されてきました。

また、「嫁ぎ先の家に染まる」「生まれ育った家と決別する」という意味も込められており、白無垢を着用することで花嫁の覚悟を示しています。

・華やかな柄や色が魅力的な色打掛

・華やかな柄や色が魅力的な色打掛

色打掛は白無垢と同じように格式の高い衣装で、主に挙式後の披露宴で着用されています。鮮やかな色が入ることで、「嫁ぎ先に染まった」ことを意味しています。

最近では様々な色が用意されていますが、昔は必ず「赤」を取り入れていました。「赤」は生まれ変わりの色とされており、白無垢から色打掛に着替えることで「嫁ぎ先に生まれ変わった」という意味が込められています。

神社の結婚式(福岡)は【Berry Bridal】にヘアメイクをお任せ!

福岡で神社の結婚式をあげる際は【Berry Bridal】にヘアメイクをお任せください。【Berry Bridal】では、衣装を含めたプランだけでなく、着付け・ヘアメイクのみのプランもご用意しております。また、前撮りや写真婚も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

お役立ちコラム

福岡の神社で結婚式をするなら【Berry Bridal】

サイト名 Berry Bridal
住所 〒819-0022 福岡市西区福重4-20-12-305
TEL 090-5479-7786
URL http://berry-bridal.com